震災から2年半、福島第一原発から20キロ圏内・避難指示区域に行った時に見た景色 ~富岡町・楢葉町 2013年9月~

この記事は約3分で読めます。

今から1年2ヶ月前の2013年9月。東日本大震災から約2年半。福島第一原発から20キロ圏内の富岡町でみた景色を紹介します。

Dsc_5126
国道6号線を北上して向かいます。

Dsc_5144
当時は富岡町の夜ノ森以北は通行止めでしたが、2014年9月15日に3年半ぶりに全線開通しています。

Dsc_5146

途中、広野駅に寄りました(当時は、JR常磐線が広野までしか運行していなかった)。いろいろなところで、除染作業が行われているようでした。

国道6号 楢葉~富岡

Nara0004

当時は常磐自動車道の広野IC~常磐富岡ICが災害通行止めでした。当区間は2014年2月22日に3年ぶりに開通しています。

Nara0005

楢葉町の国道6号線の沿線には、除染作業で出た放射性廃棄物を詰めたものと思われる黒い袋(除染袋)が至る所にありました。

Nara0006

奥は常磐道です。

Nara0007

当時は仙台方面に通り抜けることは不可能でしたが、2014年9月15日に3年半ぶりに全線開通しています。

Nara0008

壊れたままの建物が多いです。

Nara0009

壁や道路の隙間から、雑草が生えてきています。

富岡町内

Nara0010

富岡町役場です。役場としての機能は果たしていないようでした。何かに使われているのかどうかはわかりませんでしたが、、、

Nara0011

富岡町の中心部、本町あたりです。人の気配がありませんでした。

Nara0012

Nara0013

Nara0014

東日本大震災以降、時が止まっているかのような印象でした。ゴーストタウンと言ってしまったら不謹慎でしょうか。双葉町を「死のまち」と発言して辞任に追い込まれた大臣がいたのを思い出しました。

Nara0015

国道6号線の歩道橋には「富岡は負けん!」と書いてありました。

Nara0016

補修などもままならないようです。

富岡駅周辺

Nara0017

JR富岡駅です。富岡駅の風景については過去記事に詳しく載せています(→過去記事)。

ちなみに震災前の富岡駅の写真がツイッターにありましたので載せておきます。

Nara0018

富岡駅周辺の様子です。

Nara0019

Nara0020

ホテル海遊館です。

Nara0021

富岡駅から南に進んだ場所です。

Dsc_5277

Nara0023

Nara0024

一番ショックだったのは、全壊に近かったホテル海遊館の電光掲示がずっと稼働していたことです。この電光掲示の広告は、ホテルから離れたところにあるのですが、東日本大震災以降、そのままなんですね。

富岡→広野

Nara0026

Nara0027

やはり、国道6号線の沿線には、除染作業で出た放射性廃棄物を詰めたものと思われる黒い袋(除染袋)が多かったです。

今日のひとこと

またの機会に、他の写真も紹介できたらと思います。

★Twitter、Facebookもやってます。
Twitter
Facebook

 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ  


コメント

タイトルとURLをコピーしました