[メモ] 赤字ローカル線の活性化方法(観光以外で)

この記事は約5分で読めます。

赤字ローカル線問題。感情論を入れたらダメだと思うんですよ、いつも。

相手を批判するだけでは何も始まらない、生まない。いや、軋轢を生むだけ。本気でなんとかしたいのであれば、前向きに建設的に議論して考えて進めていくことが大事だと思ってます。

並行するバス路線との共存(運賃の共通化など)

例えば、2022年にJR四国が導入した、JR牟岐線 阿南~浅川・阿波海南の並行する路線バスとの共存(徳島県)。

・徳島バスの高速バスの途中乗降区間にて、JRきっぷ・定期を使用可。阿南駅でJR⇔バスの乗り継いでも通し運賃を適用(並行する鉄道とバスの運賃面での連携は全国初の取組み)1)

・JR牟岐線(阿南~阿波海南)、徳島バスの高速バスの途中乗降区間(阿南~浅川)、徳島バス南部(牟岐~阿波海南)間で共通時刻表を掲載

なお、鉄道・バスの運賃面の連携(共同経営)により、徳島南部地域の平均運行間隔時間が20分以上短縮するといった効果があります。2)

地元企業と連携

例えば、JR西日本の姫新線 太市おおいち駅(兵庫県姫路市)。地元企業が駅前に社屋を建設し、一部を鉄道利用者のために開放(トイレ、カフェなど)。

列車の行き違い設備(交換設備)の設置

地方ローカル線に多い線路が1本しかない鉄道路線(いわゆる単線)は、片方向にしか列車が運行できず、列車本数が増やせないというデメリットがあります。兵庫県の北条鉄道では、法華口駅(加西市)に列車が行き違いできる設備(列車交換設備)を2020年に設置しました。これにより、約1時間おきにしか運行できなかったのか30分おきに増発できるようになりました。

北条線は、法華口駅にあった唯一の交換設備を国鉄時代に廃止しており、1列車が往復するという単純なダイヤしか組めないようになっていた。そこで、利便性を高めるために、朝夕の列車を増発できるよう同駅の交換設備を復活させたのである。

出典)鉄道ジャーナル2022年6月号、p.32

先に紹介した2020年9月のダイヤ改正で、朝夕ラッシュ時に約1時間おきから30分おきとなるように列車を増発したが、その前後で利用者数は顕著に増加。コロナ禍前と比べて通勤定期利用者は14%ほど、通学定期利用者は11%ほど増えている。

出典)鉄道ジャーナル2022年6月号、p.37

新駅設置・移設・統廃合、パークアンドライド駐車場の整備

えちぜん鉄道(福井県)の例

出典)国土交通省:えちぜん鉄道の経験と再生後の取組み< https://www.mlit.go.jp/common/000056278.pdf >-2022年4月15日閲覧

三岐鉄道(三重県)の例

なかなか行われることが少ない取組み、駅の統廃合を積極的に行ったのが三岐さんぎ鉄道です。

出典)国土交通省:資料1 地方鉄道の活性化に向けて< https://www.mlit.go.jp/common/000024817.pdf >-2022年4月24日閲覧

増便・パターンダイヤ化

JR時代、1時間に1本(昼間)で運行時刻もバラバラだった富山港線は、富山ライトレールに生まれ変わった際、1時間に4本の運行(昼間)でダイヤも毎時同じ時間に運行するパターンダイヤに変更になりました。

出典)国土交通省:富山ライトレール活性化に向けた取組み< https://www.mlit.go.jp/common/000056382.pdf >-2022年4月16日閲覧
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

パターンダイヤ化による利便性向上は、JR四国でも行われています。

  • 牟岐線 徳島~阿南駅(2019年3月ダイヤ改正より)
  • 土讃線 高知~土佐山田駅(2021年3月ダイヤ改正より)
  • 徳島線 徳島~穴吹駅(2021年3月ダイヤ改正より)
  • 高徳線 徳島~板野駅および鳴門線(2022年3月ダイヤ改正より)

並行バスの再編・フィーダー化

鉄道路線と競合状態のバスを、鉄道路線と鉄道駅に接続するバスに役割分担を変更することによって、利用者を増やします。

出典)国土交通省:富山ライトレール活性化に向けた取組み< https://www.mlit.go.jp/common/000056382.pdf >-2022年4月24日閲覧

フィーダーバス
駅から自宅までといった端末的な輸送をフィーダー輸送といい、それをバスで行っているもの。二次交通。

出典)『フィーダーバスとは | 北陸の視座vol.21用語』<http://www2.hokurikutei.or.jp/lib/shiza/shiza08/vol21/glossary/topic1/note05.html>-2022年4月24日閲覧

参考文献

1)『鉄道乗車券で高速バスOK 徳島・JR牟岐線の並行区間、運賃で連携:朝日新聞デジタル』<https://www.asahi.com/articles/ASQ33654VQ33PTLC01H.html>-2022年5月21日閲覧
2)『徳島南部地域におけるJR四国と徳島バスの連携について』<https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/content/001471252.pdf>-2022年5月21日閲覧

タイトルとURLをコピーしました