夕陽が綺麗な大阪市バス72号系統(天保山~鶴町4丁目)

大阪市バスの中で、綺麗な夕陽を見ることができるバス路線があります。天保山(港区)と鶴町4丁目(大正区)を結ぶ大阪市バス72号系統です。

大阪市交通局より毎年発売されていると思われる、OSAKA海遊きっぷ

海遊館と市営交通乗り放題パスがセットになっているものでし。海遊館に行った際に購入したのですが、せっかく市営交通が乗り放題ということなので、ちょっと景色のよいバスに乗りに回遊してきました。

海遊館のある天保山から72号系統に乗ります。夕陽が綺麗そうな時間に乗ればいいです。ただし、1時間に1本程度しか運行していないので注意が必要です。時刻表をしっかり調べて乗車しましょう。

時刻表検索|Osaka Metro

▲大阪市内主要バス路線図


1時間に1本しか運行していないバスに乗って大丈夫?と思われるかもしれません。ただ、大丈夫です。終点の鶴町4丁目からは大正橋(大正駅)・なんば方面のバスが多数運行してる他、大阪駅や野田阪神、あべの橋(天王寺駅)へ向かうバスもあるので、何も心配する必要はありません。

夕陽が綺麗なのは、この「なみはや大橋」の区間。一時期、ダイハツ・タントカスタムのCMで話題になった「ベタ踏み坂」のような橋なのです(※CMの橋は、島根県松江市と鳥取県境港市を結ぶ江島大橋です)。

天保山(港区)側からなみはや大橋を登ると、右に見えてくる景色。阪神高速の巨大な港大橋が目に入ります。ちなみに、夕陽の時間でなくても、普通に絶景です。

港大橋越しに沈みそうな夕陽が。

左側の車窓、大阪市内方面。ほんと、高い。

Osaka20006_2

右側の車窓。南港のキリンさん型のクレーンがたくさん並んでいます。このクレーンの正式名称はわからない。

このあたりが、なみはや大橋の一番高いところだと思う、たぶん。

再び、左側の車窓。遠くにあべのハルカスが見えている。手前の青い橋は、千歳橋

ほんと、夕陽が綺麗なのだ。

おわりに

当バス路線は、利用客は極めて少ないのですが、鶴町車庫と天保山操車場を結ぶ重要な路線なので、ただちに廃止になる、ってことはないと思ってます。たぶん、ね。

次のような記事もあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました