津軽今別駅 – 青函エリア旅行2012年11月

2020年1月23日追記:津軽今別駅は、2016年3月26日の北海道新幹線開業により奥津軽今別駅として生まれ変わり、在来線としての津軽今別駅は消滅しています。この記事では、歴史の記録として残しています。

蟹田の「とりやす」でやきとり定食を食べた後、ふたたびJR津軽線に乗って、次は津軽二股駅に行きました。

JR津軽線の津軽二股駅の横には、JR津軽海峡線津軽今別駅があります。ものすごく近くにあるのに、駅は別名。ちなみに、津軽二股駅はJR東日本、津軽今別駅はJR北海道の駅です。

さらに、津軽二股駅には隣接して、道の駅いまべつがあります。

お土産・物産関係は結構充実していました。道の駅なので、自動車でのアクセスが多いからでしょう。

ここには、北海道新幹線の駅ができます。本州側最後の駅。当時の仮称は奥津軽駅。2014年6月に奥津軽いまべつ駅に名前が決定しました。

正直なところ、駅前には道の駅以外には何もありません。地図を見てもなにも描いてありませんでした。おそらく、ちょっと歩いて探検しても何も観光っぽいものはなさそうなので、時間が余っていたが、駅からは動きませんでした。

ちなみにこれが、津軽線の津軽二股駅。すぐ右に、津軽海峡線が通っています。

さあ、津軽海峡線の津軽今別駅を目指します。連絡通路から見た、津軽線の津軽二股駅ホームと道の駅いまべつ。建物は津軽二股駅の駅舎ではなく、道の駅です。まぁ、駅舎も兼ねているんかもしれないですが。

通路なのかなんなのかよくわからないところを歩いて、津軽今別駅へと向かいます。

蟹田・青森方面へのホームへ行くには、構内踏切を渡る必要があります。

これが津軽海峡線津軽今別駅。ちなみに北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅は、津軽今別駅が奥津軽いまべつ駅に変身するだけのようです。新幹線のレールがひかれているかなぁと思ったのですが、まだ在来線のレールしかあいませんでした。残念。
(新幹線のレールがひかれると、在来線とレール幅が違うため、3本ひかれることになります)

待合室。

列車は1日2本のみ停車(函館方面、青森方面ともに)。15時36分の特急白鳥号に乗って、木古内へ向かう予定です。これに乗り遅れると、特急白鳥号が全停車する蟹田まで戻らないと、北海道に行けなくなります。大変です。

ややこしい話、津軽今別駅から青森方面の隣の駅、中小国駅に停まる列車は存在しません。そして、函館方面の竜飛海底駅は青函トンネル内にあり、一般の人は利用できない(見学整理券を持った人のみ利用可能)特殊な駅です。なお、竜飛海底駅も2013年11月に廃止となりました。

なんだかややこしい看板。どこがJR東日本とJR北海道の境界なのかは、非常にややこしい話で鉄道マニアレベルの話になってしまうので、ここでは割愛させていただきます。機会があればまた書くかもしれませんが、、、

津軽今別駅からみた、駅前の景色。

特急白鳥号の案内。白鳥号も2015年3月に北海道新幹線開業と引き換えに廃止になることでしょう。

待合室に貼ってあったポスター。

15時36分発 特急白鳥23号 函館行の列車がやってきました。

津軽今別駅には券売機等がないので、車掌さんから乗車券を購入します。ちなみに、海峡線という表示がありますが、これは津軽海峡線のうちの新中小国信号場~木古内駅間の正式名称です(津軽海峡線という名前は愛称扱い)。

そして、北海道の木古内駅へ向かいます。

To Be Continue

コメント

タイトルとURLをコピーしました