[プラレール] パンダくろしお

プラレールに「パンダくろしお」があります。

パンダくろしお とは?

パンダくろしおとは、京都・新大阪~白浜・新宮を結ぶ「特急 くろしお号」のうち、車両の先頭にパンダの顔が描かれたものを指します。

JR西日本が2017年で発足30周年、和歌山・アドベンチャーワールドが2018年で開園40周年を迎えたことをきっかけに、パークのさまざまなシーンをデザインしたラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」が運行中です。ラッピングコンセプトを「旅に『ときめき』を」とし、車体前頭部をパンダフェイス、車体にはパークで躍動する動物たちのさまざまなシーンをデザインしています。見る人、乗る人全てが旅することに「ときめき」を感じ、スマイル広がるラッピング列車を運行しています。

出典:『パンダくろしお:JRおでかけネット』<https://www.jr-odekake.net/railroad/kuroshio/pandakuroshio/>-2021年7月18日閲覧

和歌山県白浜町の南紀白浜「アドベンチャーワールド」は日本で一番パンダが多くいる動物園です。

パンダくろしおに以前乗車した時の記事は以下です。

なお、このパンダくろしおには、2021年7月現在、「Smileアドベンチャートレイン」と2020年7月23日にデビューした「サステナプルSmileトレイン」の2つがあります。1)プラレールパンダくろしおは、この2種類のうち「Smileアドベンチャートレイン」になります。

プラレール「パンダくろしお」

一番の特徴は、車両の先頭にパンダの顔が描かれていることです。存在感抜群。

そして、車両の側面には南紀白浜アドベンチャーワールドの動物たちが描かれています。

特別仕様

実はこのパンダくろしおは、普通のプラレールとちょっと異なる特徴があります。

なんと専用の連結器が着いています。プラレールパンダくろしおをもう一つ購入すると、この連結器を使って3両+3両で6両編成にすることができます。

実物のパンダくろしおに乗るには

なお、実際のパンダくろしおの運行時刻表は以下の記事が詳しいです。

関連記事

関連サイト

特急『くろしお』の時刻表・運用車両まとめ | 2021年3月改正版
大阪~白浜・新宮方面を結ぶ特急「くろしお」号の2021年現在の時刻表を、なるべく見やすいようまとめました。 特急くろしお号に用いられる車両は、「パンダくろしお(
「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」に乗車する(2019.5.13) : 阪和線の沿線から
このブログでも撮影記録を随時お届けしている「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」。パンダの顔に見立てた前面と、側面にはアドベンチャーワールドの様々な動物たちを描いた特別装飾は、2017年8月の運行開始直後から話題を集め、今なお高い人気を集めています

参考文献

1)『パンダくろしお:JRおでかけネット』<https://www.jr-odekake.net/railroad/kuroshio/pandakuroshio/>-2021年7月18日閲覧

タイトルとURLをコピーしました