京津線開業110周年

この記事は約4分で読めます。

京津線は京都と大津を結ぶ京阪電鉄の路線で、京都市営地下鉄東西線の乗り入れることで京都市の中心部と大津市の中心部をダイレクトに結ぶ都市間路線となっています。

1912年(大正元年)8月15日、当時の京津電気鉄道株式会社が三条大橋駅(今の東西線三条京阪駅付近)と札の辻駅(今の上栄町駅~びわ湖浜大津駅間に位置)で開業し、今年で開業110周年を迎えます1)

歴史

1925年に札の辻駅~浜大津駅(今のびわ湖浜大津駅)開業により全線開業となり、以後長らく京都側ターミナルの三条と大津市中心部の浜大津を結ぶ路線として営業しておりましたが、1997年に路線が一部重複する地下鉄東西線の開業と引き換えに京津三条駅~御陵駅間が廃止、以後は地下鉄東西線に京津線が三条方面に乗りいれることで京都市の中心部と大津市の中心部を結ぶ役割を果たしています。

今は地下鉄東西線が延伸し、西側は嵐電(京福嵐山本線)と接続する太秦天神川まで直通できる路線になっています。なお、過去には京津線が京阪本線と三条で線路が繋がっており、大阪の天満橋駅からの浜大津駅までの直通電車(びわこ号)が運転されていました。

4両編成の電車が道路の真ん中を走る

この京津線ですが、他にはない特徴があります。4両編成の大きな電車が道路を走るのです。

存在感抜群。通常道路を走る路面電車は多くても2両なのが普通かと思います。それが4両と長い編成が路面電車として道路上を走るということで、とても特殊な電車となっています。

終点のびわ湖浜大津駅直前では、交差点の真ん中を4両編成の電車が急カーブで曲がっていくのも見どころではあります。

鉄道ファンにとっても見どころの大きい路線

地下鉄東西線の太秦天神川駅~びわ湖浜大津駅の直通が基本である京津線は、前述のとおり地下鉄に乗り入れてその車両が道路を走るという変わった鉄道なのですが、途中の区間は百人一首でも詠まれる逢坂の関がある逢坂峠を越える山岳鉄道でもあります。特に、大谷駅~上栄町駅は最大61‰(パーミル)の急勾配区間があり、日本の鉄道では3番目に急な坂になっています。2)

‰(パーミル)とは
%の10分の1の値。鉄道では勾配を表すことが多く、1000m進んだときに1m高くなると1‰です。つまり61‰は1kmで61mの高低差ということになります。

出典)『びわ湖浜大津?追分〈京津線〉|鉄の路を辿る|湖都・古都・水都 ?水の路?|おすすめ!|沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)|京阪電気鉄道株式会社』<https://www.okeihan.net/recommend/mizunomichi/michiannai/02/>-2022年11月23日閲覧

いろいろな姿を見せる京津線は鉄道ファンにも人気な路線です(と私は思っているのですが?)

終点の駅は大津観光の玄関口

▲大津港

終点の「びわ湖浜大津駅」は、同じ京阪電車の石山坂本線乗換(坂本比叡山口駅・石山寺駅方面)やミシガン・ビアンカといった琵琶湖クルーズ船が発着する大津港があり、大津観光の玄関口となっています。

京都の都心部から大津観光の玄関口へ乗り換えなしでアクセスできるのが京津線の魅力です。

大津観光の玄関口

びわ湖浜大津駅は大津の玄関口となる駅で、京津線と石山坂本線との接続駅になっています。
ミシガンやビアンカの乗り場である大津港やアミューズメント施設の浜大津アーカスなどがあり、びわ湖観光やレジャーの拠点となっています。毎年10月に行われる大津祭で、豪華な曳山はこの駅付近を巡行します。2018年3月17日に「浜大津」から現在の駅名になりました。

出典)『びわ湖浜大津駅|駅から探す|スポット検索|おでかけナビ|沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)|京阪電気鉄道株式会社』<http://www.okeihan.net/navi/spot/station/detail.php?station_info_no=64>-2022年11月23日閲覧
びわ湖浜大津駅|駅から探す|スポット検索|おでかけナビ|沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)|京阪電気鉄道株式会社
京阪電車がお届けする京都・大阪・滋賀のおでかけ情報サイトです。おでかけスポットやグルメ・イベント情報など、京阪沿線の魅力をたっぷりご紹介しています。

関連サイト

大津線開業110周年記念|京阪電気鉄道株式会社
こころまちつくろう KEIHAN。京阪電気鉄道株式会社のオフィシャルWEBサイトです。
【特集】湖都・古都・水都 〜水の路〜 鉄の路とは |沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)
水の路と並行して走る、もうひとつの路。
【京阪】京津線、減便するダイヤ変更を発表
京阪電鉄は、地下鉄東西線と直通している京津線において減便するダイヤ変更を発表しました。 変更日は2022年12月19日としています。   目次 1.

参考文献

1)『大津線開業110周年記念|京阪電気鉄道株式会社』<https://www.keihan.co.jp/traffic/event/otsu110th/>-2022年10月31日閲覧
2)『びわ湖浜大津?追分〈京津線〉|鉄の路を辿る|湖都・古都・水都 ?水の路?|おすすめ!|沿線おでかけ情報(おけいはん.ねっと)|京阪電気鉄道株式会社』<https://www.okeihan.net/recommend/mizunomichi/michiannai/02/>-2022年11月23日閲覧

タイトルとURLをコピーしました