ボーッと歩いていると、あ・ぶ・な・い・ゾ

ある日、横断歩道を渡ろうとした。

すると、横断歩道に停止線からはみ出したバイクが止まっていた。

そのまま横断歩道を渡るとバイクにぶつかってしまう。なので、バイクをよけないといけない。

バイクの前を迂回するか、後ろを迂回するか。

前を迂回すると、歩いている歩道に並行する車道側に少し寄ってしまう。

後ろを迂回すると、交差道路側に寄ってしまう。

交差道路は交通量が少ない道なので、こっちの方がよいと、バイクの後ろを迂回することにした。

迂回しようと、バイクの背後を歩くと、、、、

バイクがバックしてくるではないか・・・!

うぉー、焦った。とっさによけたのでバイクに接触はしなかった。

なぜ、バイクが急にバックしてきたかはわからない。

単に、横断歩道にはみ出して止まってしまったから、申し訳ないと思いバックしてきたのかもしれないが。

しかし、危なかった。もう少しでケガをするとこだった。

もちろん、背後を見ずにバックしてきたバイクが良くないと思う。

横断歩道が近くにあるのに、何もないところを道路横断したのは確かに褒められる話でなない。ただ、バイクの後ろを迂回した理由も、そもそもバイクが横断歩道にはみ出してきたことが原因だ。

だが、ここで私は誰が悪いとかを述べたいのではない。

確実に、( ゚ ρ ゚ )ボーっと歩いていたら危険だったということだ。

バイクに後輪で轢かれていたかもしれない。

仮にスマホ歩きでもしていれば、意識がスマホに集中してバイクの動きに対する反応が遅れ、私はケガをしていた可能性は高かっただろう。

もう一度言う、 私は誰が悪いとかを述べたいのではない。

最低限、自分の身は自分の身で守る努力は必要だ。それ自体は誰かに委ねてはいけない。

ぼーっと歩いてはいけないのだ。

ちゃんと回りに気をつけた歩かなければいけないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました