[クッキング] お好み焼き

今年初の料理作りました。

Dsc_2690

鉄板で、作りました。ヨメさんが以前に知り合いの人から頂いた鉄板です。今までフライパンでお好み焼きを作っていたのと比べると、このフライパンで作ったお好み焼きは、むっちゃふっくらしてます。すごいです。で、作ってみました。初お好み焼き。大阪人なのにね。

食材

小麦粉、ダシ(昆布とかつおぶしで)、卵、山芋、キャベツ、イカ、豚バラ、天かす

お好み焼きの粉は使いませんでした。

ダシ

2/4放送の『 ビーバップ!ハイヒール』でテーマ「~なぜそれはうまいのか?~おいしさを科学する!」というのをやってました。その中で、ダシをとる際、沸騰させてからかつお節を入れるのが長い間おいしい出汁の取り方と信じられてきたが、実は科学的には、沸騰させずにダシを取るのが正しいと放送されてました。

なので、実践しました。ダシとったのは3年ぶりぐらいでしょうか。札幌に住んでいたとき以来。

ブタ玉

Dsc_268a4

まずは、ブタ玉で。先に豚バラを焼いてから生地をかける。焼け具合が難しい。小学校の調理実習だっただろうか、お好み焼きが生焼けで苦い思いをしたのを思い出す。

Dsc_2685

崩れないようにひっくり返す。まずまずの感じ。

Dsc_2687

1/4の大きさ、ちょっと小さかったかな~。

Dsc_2688

お好み焼きソース、マヨネーズ、青のりをふりかけて完成。ふっくらしている、完成。


いか玉

Dsc_2689

次はイカ。せっかくなので、長芋も焼きます。醤油でおいしい。

焼いた後の写真がないので、これが最後。イカがバラバラになってしまった。

感想

1.少し粉っぽい(とヨメさんからの感想)

小麦粉、ダシ、卵、山芋、キャベツ混ぜたところで、お好み焼きの生地と思えないほどネバネバしていた。小麦粉が多かったのか、水分が少なかったのか、反省。

2.具がすくな過ぎた

もうちょっといろいろ入れてもよかったのかと。ネギとか海老とか?

3.天かすを入れるタイミング

天かすは、生地に混ぜるのではなくて、生地を鉄板に載せてからその上に天かすをちらすのが良いそうです(ヨメさん談)。そうすると、裏返す時に天かす同士がくっつくので生地がバラバラにならないんだとか。

確かに、ぶた玉の時は後で天かすをちらしたのでバラバラにならんかったけど、イカ玉の時は最初に生地に混ぜたので、バーラバラになってしまったんですね。なるほど!

おまけ

大阪のおススメのお好み焼き屋さんを紹介します。

てらまえ(東大阪市長瀬)

五右衛門(大阪市都島区都島本通)

鶴橋風月千房(どちらも大阪を中心とするチェーン店)

あと、札幌では、すすきのにある「まっか」というお好み焼き屋さんもおススメです。

[過去記事]
札幌すすきので関西風お好み焼き「まっか」 もんじゃ焼きもおいしい(2013.3.13)

当ブログでは次のようなカテゴリーの記事もあります
当ブログの国内旅行・おでかけ まとめ
グルメ
クッキング
日記・コラム・つぶやき

Twitter、Facebookもやってます。
Twitter
Facebook

 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ  


コメント

タイトルとURLをコピーしました