[神戸観光] 須磨離宮公園 植物園の鑑賞温室

神戸・須磨区にある須磨離宮公園には植物園があります。本園の東側を通る第二神明道路(阪神高速)の向こう側(東側)に植物園があります。

アクセス

第二神明道路の下にある歩道橋により、須磨離宮公園の本園と植物園が結ばれているのです。よく走る第二神明道路の下、こんなだったとは知らなかったですわ。とても新鮮な風景です。

植物園

中心部には、鑑賞温室や和室・和庭園等があり、変化に富んだ地形を生かした、みどり滝、三段滝、もみじ滝等の水の変化が楽しめます。
園内には、各種の桜や「花の庭園」、「梅園」、「ぼたん園」、「あじさい園」、「もみじ園」等が整備されています。

出典:須磨離宮公園パンフレット

須磨離宮公園 植物園は、岡崎財閥の邸宅跡を再整備したものです。1)

岡崎財閥とは

岡崎財閥(おかざきざいばつ)は、海運業を基盤として、銀行業や保険業を生業に、明治、大正期に起こった 神戸市発祥の日本の財閥で、中堅財閥、地方財閥(阪神財閥)の一つである。

出典:岡崎財閥 – Wikipedia<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E8%B2%A1%E9%96%A5>-2019年11月13日閲覧

財閥は自体は第二次世界大戦後に他の財閥と同じく解体されましたが、財閥を構成した企業として同和火災海上保険神戸銀行などがあります。

  • 同和火災海上保険は合併を繰り返し、あいおいニッセイ同和損害保険となっています(2019年現在)。2)
  • 神戸銀行もその後合併や名称変更を得て、神戸銀行→太陽神戸銀行→太陽神戸三井銀行→さくら銀行→三井住友銀行 に至っています (2019年現在) 。2)

ジュウガツザクラです。二期咲なので春だけでなく秋にも咲いています。

鑑賞温室

植物園の中心にあるのが鑑賞温室。

鑑賞温室の2階にはカフェもあります。

鑑賞温室で見られる花の種類です。

フォックスフェイスです。ホントだ、狐の顔に似ているなぁ~。

真ん中の樹は、ベンジャミンです。

本当は植物園の記事を書こうとしたのですが、写真を見ると植物園の写真はほとんど撮ってなかったんですね、、、なので鑑賞温室の記事にしました。

須磨離宮公園

関連記事

[参考文献]
1)紅葉~色づき始め~ | 神戸市立 須磨離宮公園<https://www.kobe-park.or.jp/rikyu/kaika/kaika-659/>-2019年11月13日閲覧

2) 岡崎財閥 – Wikipedia<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E8%B2%A1%E9%96%A5>-2019年11月13日閲覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました