【2020年版】大阪都構想のメリット・デメリット・賛成意見・反対意見の記事・ブログ・サイトなどをまとめてみた

2015年に反対多数で否決された、いわゆる「大阪都構想」。

この大阪都構想の住民投票が2020年11月1日に実施される可能性が高まっています。

前回2015年の住民投票実施前に、本ブログでは以下のような記事を作っていました。

再度住民投票が実施される2020年版として、同様に大阪都構想のメリット・デメリット・賛成意見・反対意見の記事・ブログ・サイトなどをまとめてみました。随時更新とします。

賛成の人も、反対の人も、まだ決めかねている人も、関心のない人も、ぜひ各情報を見て整理して頂ければと思います(なんかエラそうに書いてしまったな、、、)

2020年8月20日追加

特別区制度(いわゆる「大阪都構想」)について
市民からの意見を受けて(市長メッセージ)  特別区制度(案)に対する市民意見募集では、制度に対する意見に加えて、「都構想ではなくコロナ対策に全力を尽くすべき」といった意見が多く寄せられました。 コロナ対策については、これまでの間、かつての..
まとめ「大阪都構想」
西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュースを提供します。
勝負再び 大阪都構想 | 特集記事 | NHK政治マガジン
「え、もう決着したんじゃなかったっけ」全国的にみれば、そんな思いの人も少なくないかもしれない。いったんは消えたかに思われた、いわゆる「大阪都構想」 ことし11月にも、再び住民投票が実施される予定だ。どのようにして、再び息を吹き返したのか。大阪の政治劇を追った。(高...
大阪都構想特設サイト|さあ、あたらしい大阪をともに
さあ、あたらしい大阪をともに。これまでの政党間の政治闘争ではなく、進むべきあたらしい大阪の道を切り開くために、大阪都構想の是非を問う、住民投票をもう一度行います。
大阪都構想 « 日本共産党 山中智子
主張/「大阪都」構想/コロナ禍の今なぜ強行なのか
大阪都構想とは 【おおさか未来ラボ】
大阪都構想とは大阪府と大阪市の二重行政を恒久的に解消するために考えられた行政改革構想です。大阪の全体の成長に関する広域行政は府に⼀元化し、基礎自治行政は大阪市を廃止して新たに4つの特別区を設置します。大阪都構想の市民研究団体「おおさか未来ラボ」が制度を詳しく紹介します。
今さら聞けない「大阪都構想」
大阪都構想2018年度版|これまでの経緯から現状の認識まで、メリットとデメリットを国民の皆様へ分かりやすく正しく解説します。
都構想は大阪を輝かせるか
産経ニュース 「都構想は大阪を輝かせるか」のページです。

過去記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました